SPECIAL EVENT DIVINGとは
スペシャルイベントダイビングとは一体どんなダイビング?
BM発・世界初の発見!千匹を超えるカンムリブダイの一斉産卵を見よう!
数千匹のバラフエダイの産卵と、それを狙う大型のサメのバトルが熱い!
早朝バラフエの後はペリリューでロウニンアジの大群を狙い撃ち!
ペリリュー、テールトップで季節限定の数万匹のイレズミフエダイの大群を狙う!
数十枚のマンタが大乱舞!比類なき興奮!!!
大群となってリーフを覆うツノダシの、一糸乱れぬ動きを見逃すな!!
Fガラロン州&カヤンゲル州で潜ろう
パラオ最強!BMオリジナルマンタポイントやテールトップを攻略!
パラオの海のポテンシャルを体感!
SPECIAL EVENT DIVING

パラオのダイビングポイントといえばブルーコーナーにジャーマンチャネル、ウーロンなどのパラオ南西部や西部に広がるポイント群が最も有名です。そのため北部のカヤンゲルやガラロンはほとんど潜られることなく手つかずの海が残っています。
そんな北部エリアをBMでは積極的に開拓。シーズンともなると10枚以上のマンタが飛来する、パラオ最強のBMオリジナル マンタポイントや、豪快さや難易度、博打性という点でパラオNO1と言っても過言ではない、テールトップなどのポイントがあります。
北部はスキルが備わった上級者向けの海ですが、また違ったパラオの一面が覗けると思いますよ〜!

ガラロン州&カヤンゲル州で潜ろう
日程(2016年〜2017年)
    BMオリジナル・マンタポイント 
  • 2016年11月5日,11月11日,11月18日,11月25日
  •                         
  • 2016年12月4日,12月11日,12月18日,12月25日
  •                         
  • 2017年 1月17日,1月24日
  •                         
  • 2017年 2月1日,2月8日,2月16日,2月23日
  •                         
  • 2017年 3月2日,3月9日,3月12日〜13日(テールトップ),3月18日
  •                         
  • 2017年 4月1日,4月2日,4月10日〜11日(テールトップ),4月16日
  • 2017年 5月11日(テールトップ),5月16日
  • *上記日程は基本的にマンタ狙いですが、リクエストやゲスト、海況が揃えばテールトップなどへも遠征します。上記以外でもチャンスがあれば積極的に遠征しますので、まずはお気軽にお問い合わせください!

    テールトップ ロウニンアジ狙い                          
  • 2017年 3月12日〜13日
  •                         
  • 2017年 4月10日〜11日
  • 2017年 5月11日
  •                      
ダイビングの催行条件

1.ご予約はリクエストベースで

旅行社を通してのお申し込みは受け付けておりません。すでにダイビングのお申し込みが済んでいる方はメールにて希望日をリクエストしてください。 まだ予約をされていない方は予約時に備考で「マンタ リクエスト」「マンタとテールトップ リクエスト」などとご連絡ください。できる限りリクエストにお応えできるよう現地で調整いたします。ただし海況、その他の催行条件、ガイド、ボート手配等の関係で100%催行を確約するわけではありません。あくまでもリクエスト扱いとなる旨ご理解のほどよろしくお願いいたします。

メール

2.ツアー初日からのご参加はできません。

安全面によりツアー初日からのご参加はお断りしております。またご参加の3日前以内の間に最低1日はBMでダイビングをされ、スタッフによるスキルのチェックを受けていることが必要です。

               

3.飛行機搭乗前18時間以上待機時間がとれない方は参加できません。

4.最少催行人数は4名から

5.海況が悪い場合はツアーは中止いたします。

6.1日1名様ダイビング料金+$30(マンタポイント)+$70(その他ガラロン州)
+$90(カヤンゲル州)
                            
*ガラロン州、カヤンゲル州のパーミットは含まれていません

注意事項および参加条件

ガラロン州、カヤンゲル州でのダイビングにご参加にあたっては経験本数が200本以上であること、スムーズなフリー潜降ができること(潜降用のブイはありません)、スムーズな耳抜きができること、中性浮力がしっかりとれること、エアーが持つこと、流れの中ダイビング中ずっと泳ぐようなダイビングができること、ガイドの指示に従え団体行動ができることなどが必要です。最終的にはスタッフの判断が必要となります。200本を超えていてもスキルが伴わない、団体行動ができないと判断させていただいた場合は、安全上の理由から強くご参加をご希望されてもお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご理解とご了承をお願いいたします。